top of page

作曲から言葉の音楽へ 

私の冒険を読んで聞いてください。その筋書きは、私の人生の物語と先祖の物語の過程で描かれています.

Bienvenue
Corine ma Maman.jpg

天使たちと一緒に私のMounyへ 
2022年8月17日以降

🕊 永遠の扉が大きく開く時がきた

時の終わりまで続くプレゼントの瞬間

死ぬまで体に痕跡を残す破裂や傷がないこと

時代遅れです、時代遅れです、もはやcounts 

 

生きた数珠の涙が 悲しみに引き裂かれた肌に 明るく幸せに飛んでいく

最もつらいことを我慢することなく、どこでも勇敢なさよならの鐘を鳴らそう

楽しい思い出の風と共に消えてしまうから最悪の時も気にしない

短い人生か長い人生が輝いていた出発の年齢は関係ありません 

 

私たちはこの恐ろしい出来事に震え、壊れやすいボートを転覆させ、深く愛しているあなたのおかげでバランスを取り戻します

 

忘却は決して適切ではありません。なぜなら、それは私たちの心にあなたが染み込んでいるからです。

これらの年月を通じて共有された感覚とビジョンは非常に大きな場所を占めるため、そこに存在しないことはできません 

 

ささやかな喜びを掴みながら、また成長し、再び生き、また笑顔になる

私たちの氷の体のすべての涙を泣き、彼らに再び会いたいという希望の燃える太陽の中で後悔を溶かします 

 

ペギー S 2022 年 12 月 17 日

彼女について

あえて言わないことを書く。 his experiences を証言する紙の存在を選択してください。それらは複数です。

私は書くのが楽しい  ファセットガールです。もう 1 つの方法は、私の感情を呼び起こし、それらを unknown できる人と共有することです。思春期以降 と書いています。最近、私は自分の人生を発明しながら物語を発明しています。黄金の都市ですか?マチュピチュを見に行ったら。カンガルー、いい?オーストラリアに行ったら。私が持っていたさまざまな仕事が私にそうする手段を与えてくれたのと同じくらい多くの旅行がありました。夢を実現したいときは、超能力が必要な場合もあります。ミュージシャンの別名ミスペグ作家になる前に、そう言えば、私は言葉の中にある種の旋律を見つけたように思えます。彼女についての手がかりはほとんどありませんが、謎の一部を残しておく方が良いのではないでしょうか?

10400637_52487459268_7562_n.jpg

Cambodge

Des voyages qui libèrent

IMG_0893.JPG

Orage et espoir

Vue sur la colère du ciel pour de grandes inspirations

13937729_10154425893024269_2864267096909

Peggy et les dolmens

Les pierres ont des histoires à raconter

577751_10151503153679269_523662735_n.jpg

Noirmoutier mon île

Là où j'ai posé mes valises

IMG_2213.JPG

Festival Crusta'Scène

Un événement rêvé, rencontre d'artistes et d'artisanats réalisé à Noirmoutier

IMG_1700.JPG

L'estacade

De grandes perspectives

IMG_1629_edited.jpg

Escalier vers l'éternité

En direction de la grotte de Marie-Madeleine

IMG_2386.JPG

Sur les marais

Quand le ciel est en feu, les oeillets restent de marbre

IMG_1506.JPG

Pêcher des nuages

Allonger la terre pour toucher le ciel et la mer

IMG_1912.JPG

Un singe à casquette

La République Dominicaine réserve de curieuses rencontres

IMG_0253.JPG

Lumière des forêts

Révélations sylvestres

IMG_1358 1.JPG

Tous les chats dorment

Et les souris alors ?

Peg and Lulu.jpg

Lulu la libellule

Index aéroport idéal

54516977_10157175043394269_3561945652793

Oh Fuji san

Humilité

54390942_10157159910299269_8070232597017

Sagesse millénaire

Beauté japonaise

57210709_10157220580454269_8564810626751

Calme et profondeur

Quand faudra-t-il faire surface ?

Lincoln%20Obama_edited.jpg

Des grandes voitures à conduire

Un président américain si O

P1070760_edited_edited.jpg

Abbey Road Studios

Mémorable finalisation de mon album Nearly or Never

IMG_7350_edited.jpg

Miracle à la cité

Quand le béton s'allume

À propos d'elle

夜に私は飛ぶ

ファンタジックな冒険物語

私自身の文学的な翼で飛んで、あなたのベッドサイド テーブルに到達することは、私の願いの 1 つです。いくつかの音符で区切られたこの音声紹介を聞くと、すぐに、空気を欠いていないこの冒険についてさらに発見できるようになります。

Sortie très prochainement

avec

image001-removebg-preview.png
Roman "La nuit Je vole"

Une New

Première publication dans

ATELIERS D'ÉQUINOXES 22

Un grand merci à Franck Violet, messager auprès de Bruno Smolarz, rédacteur et chef d'orchestre de ces histoires, nouvelles & réflexions réunies dans ces bulletins semestriels soignés depuis 2012

Couverture Ateliers D'Équinoxes 22.jpeg
Nouvelle

  家族の歴史に触発されています.下の写真は、277 Rgt d'Infanterie の 2 等学校のレオナール・シリエックスです。
1918 年 4 月 5 日、私の曽祖父が敵に殺されました。

Léonard Sirieix 277 Rgt d'Infanterie, tué à l'ennemi le 5 avril 1918

「私たちは戦争中です」

ベッドで丸くなったマリーは、この最初の朝日で顔を照らされ、片目を開けます。バビロン通りにあるこのビルの最上階に異様な雰囲気が漂う。既視感。また何か大変なことが起こりそうな予感。

彼女が片足を床につけると、四十雀が寝室の窓枠にとまりました。彼の歌は彼に挑戦します。彼女は彼にメッセージを伝えていますか? 2 番目の足を地面に置き、目を大きく開いて、彼女は自分を 60 フィート完全に引き上げ、安定してキッチンに向かって歩くことを決意しました。アパートは約30平方メートルしかありませんが、彼女はそこで快適に過ごしています。彼女は何が待っているのか、まだ疑っていません。

彼女は、ボン・マルシェで見つけた若いコンゴ人と一緒にコーヒーを準備します。ミレイユは彼女の親友であり、注目を集めています。彼女は彼の料理のスキルと身体的特質をややうらやましく思っています。しかし、彼女も、1918 年 4 月 5 日に彼女から奪われ、彼女の心から引き裂かれた偉大な愛を誘惑し、知っていました。レナード、彼女のレナード。休戦協定が調印される数か月前に、この嫌な戦争が彼女を奪い、二人の息子であるレオンとマルセルと二人きりになった勇敢な戦士。神に感謝します。父親にとてもよく似たこの 2 人の美しい子供を私に与えてくれてありがとう、と彼女は祈りのたびに言います。

8時です。彼女は毎朝のようにラジオをつけます。鍋の中で水が沸騰し始めます。いいですね、彼女はすぐにお気に入りの飲み物を楽しめるようになります。最初の一口は彼女を連れ去り、彼女が夢見る遠く離れた土地へと連れて行ってくれます。彼女は、前線に出る数日前のある朝、レオナルドがかなりふざけてはつらつとした口調で彼女に言ったことを覚えています。

「ご存知のように、マリー、いつの日かあなたをシルクロードに連れて行きます。あなたが夢見ているこれらすべての国、これらすべての色を見て、ジャスミンの香りを嗅ぎ、これらの広大な静寂の平原を発見するために。あなたは美しさだけを見ることができます。あなたに約束します。 » 

少し嘲笑したとき、マリーは次のように答えました。

" あぁ、いいね ?そして、どのようにそれについて行くつもりですか?おそらくあなたのスクーターで? »

彼女は自分の答えで示した皮肉を今でも後悔しています。それは彼女の最愛の小さなパンゴリンとの最後の会話の1つであったため、彼女はそれをますます後悔しています。夏にあえて数センチの素肌を露出させたとき、彼の少し甘い肌は彼の近くを通り過ぎるすべてのアリを体系的に引き付けました。彼女が世界の動植物に関する数多くの本のうちの1つでこの奇妙な動物の存在を知ったとき、比較は明らかでした.彼の情熱の 1 つ。必然的に、彼はこの比較を本当に感謝していませんでした.彼のエゴをお世辞から千マイルも離れており、彼の小さなサイズによってすでにいくらかボロボロでした.しかし、彼は彼女がこの甘くて無邪気な愚かさに微笑むのを見るのがとても好きだったので、それを受け入れました.こんな風に彼女を見るのはとても珍しい. 

マリーは、人生の苦難が彼女の顔と魂に印をつけていたので、このわずかな権利を自分自身に与えませんでした.この根底にある悲しみに対抗するために、彼女はしばしば目が覚めた夢に避難し、きらめくフィルターで人生を垣間見ました。この人生は彼女を虐待しましたが、彼女は彼を責めませんでした.彼女は決して文句を言いませんでした。一度もありません。彼女は自分の運命について泣いた日は一日もありませんでした。彼女はまた、亡くなったレオナルドよりもはるかに長くこの地球を踏むことを知っていました.遠くに想像していた最終地点を待っている間、彼女は毎日がかけがえのないものだと考えていました. 

そして今日は特に、末っ子のレオンが彼女と昼食を共にするために来ていたので、準備を整えて喜んでいます。彼女が世界の何のためにも見逃すことのない毎週の予定。彼女は彼のために何を作ることができるでしょうか?さわやかな前菜に続いて牛肉をどうぞ。メカニックの息子のエネルギーは、一日中ひざまずいて、手が汚れていて複数のキーとクランクを回していました。付け合わせはじゃがいも、王都に上るのを惜しんで残した農園のもの。そして、これまでに作ったことのない日本産のあずきは、ほんのり甘い味のようです。彼らはそれを何と呼んでいますか?あずき…あずき、変な言葉ですね。これらすべての新しいフレーバーはどこからともなく旅の始まりです。

言葉の余談はやめて、この家族の再会を最高の形で祝うために準備する時が来ました。

この乱れた黒髪を注文してください。素敵なドレスを着てください。化粧 ?いいえ。それはマリーのためではありませんでした。彼女はその要点を理解していませんでした。 "。

時間が飛んでいて、レオンを適切に収容するためにアパートを片付けるように彼女に促していました。

TSF で放送された音楽を背景に、料理の最初のおいしい匂いがアパートに漂い始めたとき、ドアがノックされました。

レオンでした。彼はワークショップの衣装を着て、ブロンドのカールをした婚約者であるエレーヌの要請でようやく成長させた最近のもみあげで飾られ、ドアを通り過ぎて入った.いつものように、彼は手ぶらで来ていませんでした。母親への、新聞紙に包まれた鮮やかなブルーのプレゼント。彼から笑顔を奪うために巧妙に選ばれた何か。それは常に彼の秘密の目標でした。今回は、彼の腕はブドウのヒヤシンスの壮大な鉢を運んでいました. 

「ありがとう、私の息子、あなたは私のことをよく知っています。リュクサンブール公園と同じくらい美しいです。 » 

勝利した。彼女は微笑みます。彼の心は、彼女の中に感じるたびに喜び、喜びはもう少しスペースを取り戻しました。

レオンはキッチンへと続く廊下を優雅に歩いた。作業服を着ていても、彼は何を着ていても、優雅さと気品を持って仕事をする存在の 1 人でした。彼は、彼女の 50 歳の誕生日にプレゼントして以来、絶え間なく鳴り止まなかったこの堂々たるラジオが主宰する台所のテーブルに腰を下ろした。そして、これは彼の最初の給料のおかげで可能になりました。

マリーは、ジューシーなザボンの半分をそれぞれ半分ずつ提供した後、彼の前に座りました。その色と風味は、休日の思い出を少し長引かせました。彼らは一言も言わずにお互いを見ましたが、彼らの目は彼らのために話しました.彼らは幸せだった。

突然、このおいしい果物の最初のスプーン一杯を味わったとき、音楽は止まりました。非常に重要な発表が行われようとしていました。

恐怖の震えがマリーの頭からつま先まで走った。彼の血は凍った。彼女は左手から落ちたティースプーンを失い、磁器の皿に刺すような音を立てました。彼女は息を切らしてレオンを見た。レオンは彼女の手を取って、彼女と同じように、このサスペンスが終わるのを待ちました。二人の運命が変わることを知っていた無限の数秒。また。マリーは、聞きたくないことをすでに知っていました。彼女はこの恐ろしい不安が高まるのを感じました。彼女は戦争のすべてのイメージが頭に浮かんだのを見ました。彼らが敢えてそれを呼んだように、「大戦争」。夫や他の多くの家族の父親の命で報われるという彼女の素晴らしさは何ですか。彼女はまるで今のように、レオナルドの出発を思い出します。レオナルドは、生後数か月の小さな赤ちゃんであるレオンを腕に抱き、9歳の兄マルセルは、彼女が去ることを恐れてドレスをしっかりと握りしめていました。彼女も。帰還のないことが判明したこの出発に直面して、3人全員が武装解除されました。いいえ。マリーは何が起こったのか聞きたくなかった。いいえ。マリーは、自分にとって最も大切なものを失うことを恐れていました。戦闘年齢の 2 人の息子。いいえ。まだ。いいえ。二度とない. 

" お母さん ?お母さん ?あなたは聞きました ? » 

" いいえ。誰が私の息子を手に入れたのですか? »

「私たちは戦争中です。 »

 

 

Photo Japon Peggy Sirieix.jpeg

Autres publications

Nouvelles publications dans les

ATELIERS D'ÉQUINOXES 23

"Le papillon blanc des choux"

"Mon Rêve Rond" (4ème de couverture)

  Le Papillon blanc des Choux  

"Dans les années 60, il y avait encore des zones de nature un peu partout.

Il y avait un champ de choux juste en face de notre maison.

En été, il était souvent couvert de papillons, et il devenait tout blanc." (R.S.)

 

Le 28 mars dernier, Ryuichi Sakamoto est mort.

28 mars : un jour qui évoque également la naissance de Victor, un être cher, disparu un 28 août à 28 ans. La vie et la mort se rencontrent comme souvent à des instants choisis par un destin plus ou moins juste.

J'avais la sensation qu'un fil doré me reliait à Ryuichi depuis ce fameux matin il y deux ans où, les yeux à peine ouverts, j'entendis une mélodie. Je la connaissais, je pouvais la fredonner mais j'en ignorais à cet instant l’origine et le compositeur. Je cherche alors dans les musiques de films car elle semblait parfaitement pouvoir accompagner des images, des figures, une histoire sur grand écran. Je la trouve ! C'est elle, c'est lui, "Merry Christmas Mr Lawrence" - du réalisateur japonais Nagisa Oshima - et la musique de Ryuichi Sakamoto.

À ce moment, je ne sais pas jouer de piano, n'ayant jamais eu d'attirance pour les touches noires et blanches. Cette mélodie m'appelle, me défie de l'apprendre et comment la jouer. Ce n'est pas un morceau facile par lequel une débutante commencerait. Je pose mes mains sur le clavier et commence note à note, mesure après mesure, à reproduire cette beauté que j'espère ne pas altérer.

Je saurai la jouer, mais quand ? Ça n'a pas d'importance...

Pendant ces deux années, je le travaille, le répète, y ajoute une mélodie, des paroles en anglais sur les larmes du ciel, et un timide essai de haïku dont je confie la relecture aux parents de mon ex compagnon franco-japonais et rebaptisé "Chou" par mes soins experts en surnom distingué.

Ce mercredi 28 mars 2023, je décide de l'enregistrer pour te l'envoyer, Ryuichi.

Quelques jours plus tard, j'apprends ton décès survenu ce même mercredi. Mon sang se glace, j'ai froid. Et ce fût ainsi tous les jours qui ont suivi depuis ton départ. Je ne parviens pas à me réchauffer.

Lorsque je partage avec mon père cette étrange concordance, nous sommes sur la terrasse devant chez moi et nous voyons s'envoler un papillon blanc. Mon père me dit alors, "Ah, le papillon des choux !". Je lui demande d'expliquer, car je connais le fameux dicton "Papillon blanc signe de beau temps" mais pas celui du papillon des choux. Il me dit que ces petits êtres volants adorent les choux et se donnent tous rendez-vous dans les jardins et les champs où ils poussent à cette époque. Très bien papa, je ne le savais pas.

L'amie pianiste chez qui j'avais enregistré le morceau cinq jours auparavant, m'offre le dernier exemplaire d'un journal relatant la vie du compositeur. Plusieurs pages lui sont consacrées et je m'arrête, tout comme mon cœur, lorsque j'arrive au passage de ses souvenirs d'enfance :

"Dans les années 60, il y avait encore des zones de nature un peu partout.

Il y avait un champ de choux juste en face de notre maison.

En été, il était souvent couvert de papillons, et il devenait tout blanc."

Puis, toujours dans ce même journal qui semble s'adresser à moi, il cite l'année "1978", mon année de naissance, celle de mon ex-chou également et de l'explosion créative de Ryuichi. J'explose oui, mais de tristesse de ne pas avoir pu te rencontrer.

Je suis bouleversée. Ma machine émotive depuis le décès de ma maman au mois d’août l’année dernière ne fait aucun compromis. Sans faire d'histoire je pleure, je ris aussi avec une fréquence plus éloignée et je ne comprends rien avec une grande régularité.

S'il y a une réponse à trouver, je crois que mes mains posées sur le piano débutent l'aventure. Laisser de côté les doutes futiles et bien souvent inutiles lorsqu'il s'agit de vivre sa vie de musicienne.

Je ne résous pas les conflits du monde, ma conscience est claire sur ce sujet mais j'offre de temps en temps quelques papillons blancs à celles et ceux qui découvrent ma musique. Une pianiste quelque part joue pour Victor, ma mère Corine et Ryuichi aussi, des mélodies délicates que mon cœur chantera à jamais.

Cover Merry Christmas Mister LawrenceMiss Peg
00:00 / 06:04
Corine, ma maman, sur fond d'Océan Atlantique

自由記述

私の文章にはルールがあります。私の内なる文法、私の感情、私の一時的な目印のもの. 

芸術的および創造的な分野で、他の人によって定義されたルールに従うのはなぜですか?


言語の尊重と読み手または聞き手の理解には考慮すべき根拠がありますが、それらは時代や指導者によって変化する可能性があることを忘れないでください。確立され、学術集会によって検証されたものは、物議を醸す可能性があります。動詞の過去分詞「 avoir 」の同意もその一つです。

もし私たちの好奇心が私たちを過去に連れて行くなら、有名なCODが前に置かれたとしても、それが一致しないかもしれないことを発見します. 

このフレーズを何回聞いたことがありますか?しかし、実際には、なぜ in 性別 女性、男性、複数、存在の状態と同じように行動を認めなければならないのでしょうか?ねえねえ、一緒に笑いましょう、この質問を何回自問しました. 

別の最近のルールでは、著者の女性の部分を認識する許可を与えていますが、これについては「 vieille école_cc781905-5cde-3194 -bb3b-136bad5cf58d_」とさせてください。この言葉の重要性は、それが私の男性的または女性的な側面について語っているかどうか. 


そして時間は?どのようにあなたの人生を生きますか?いつ言ってんの?繰り返しますが、私は自分自身に決定権を与えます。正解でも間違いでもない、そんな感じです。あなたがそれについて何かを理解している限り、私があなたに誠実に与えているものを受け取ることができます.


それは音楽も同じです。 「 bon 」音楽スタイルに配置するために取らなければならないハーモニー、音符、旋律パス…それは問題ではありません。私が借りたものは確かに分類し、説明し、コメントすることができますが、この場合、執筆の場合と同様に、それらを論理的にすると、私があなたを招待する旅からあらゆる形態の魔法と軽さを取り除くことになります.私の文章と音楽を自由に縫わせてください. 

ほとんどの場合、制約は経済的ルールの影響を受けます。芸術市場では、何もないものに金銭的価値を与えなければならないのではないかと恐れて、おそらく自分自身を見つけたことはありません.

アートには小さなルールはありません。良い趣味、悪い趣味の批判、いくつかありますが、良いもの、美しいもの、悪いもの、醜いものは何もないという仮定から始めて、なぜ自分の意見に限定するのですか?建築許可の 4 つの壁の中に身を閉じ込めることは、あなたの芸術です。

物語の時間、音楽のテンポ、これらすべては私の文学的および音楽的創造における私の仕事であり、アカデミーとスターアカデミーの審査員に不快感を与えるものではありません.

手に持っている鳥は、茂みの中では 2 羽の価値があります。今日、私はマスターがよく考え、よく実行することを仮説的に承認するのではなく、創造する自由を選びます。芸術の死、魂の死、無限の地平線の死、これは私たちが満足させたいと思うリスクを冒しているものです。販売して検証を待ちます. 


間違いを犯します。誰のせい?間違えてください。試行エラー。彼の不器用さを提出してください。

それは創造的ではないですか?発明家?彼の人生の冒険家?


自分の不完全さを許し、自尊心に触れてください。過去の沈没した世界、宙に浮いた未来の都市を想像し、今はその瞬間に頼っています。

後者は、彼が耳元で囁く言葉は決して間違っていません。彼の言語にはアルファベットがないので、彼はつづりを間違えません。彼はそこにいます。いつも。また、疑念を通して私たちの側にいて、それは人生、欲望、そして実際に存在する正当性を保留にする可能性があります.


あなたがここにいるなら、私を信じてください。


自分自身を知る見知らぬ人。永遠に向かって歩む、二足の命の宝石。自分を責めないでください。彼を責めないでください。彼もそこにいて、喧騒の中で自分を探しています。彼女もそこにいて、時々道に迷ってしまいます。彼らは皆あなたと一緒です。態度や確実性の仮面なし. 

彼らはまた、その理由を理解し、この果てしない謎、未知の始まり、鋼の糸で刺繍されたこの展開、そして思考の流れの意味と折り合いをつけようとしています。


よかったね、


スカートだけでなくパンツ姿のあなたのしもべ。

Ma liberté
Plume
Image de Daiga Ellaby

フェザーブログ

Plage et gratitude par Peggy Sirieix
Pensée

コンタクト

お送りいただきありがとうございます。

Message
bottom of page